二階層ぶりに行ってきました、家族で盛り上がった水族館

GW初日、家族で二カテゴリーぶりに水族館へ行ってきました。二カテゴリー前に行った時は、わが方はまったくはじめ年代で海の動物に対してきちんと視線がなく、しかもウィークデイだったのでオーディエンスも速くテキトーに見て帰っただけだったけど、今年は状況ががらっと変わって甚だ楽しんできました。本当に、驚いたのがオーディエンスの多さだ。北海道や秋田、宮城等にいる大きな水族館と変わり、地元の水族館はお客様がいまひとつ欠けるような水族館なので此度も悠長にして遅いに行ったら、パーキングは満車でお客様は行列でそれを見た内、気合が上がったのと同時に汗がブワッと吹き出ました。やっとの意思で館内に入ると、見慣れた魚陣がザクザク綺麗に泳いでいて、何一つ自分を迎えてくれているくんでした。魚やクリオネ、ペンギン、イルカ、アシカ等の愛くるしい海の動物陣にベスト興奮していたのが誠に、二カテゴリー前までただ泣くか要因分け前からなみたいに見ていたわが方でした。魚を見て綺麗だと言い、イルカに水をかけられてキャッキャと喜び、絶対怖がってさわる事がなかった貝やイソギンチャク、ヒトデを持って笑顔で映像を撮る特徴を見て、ふたたび息子の発展に嬉しさと情念を食らう事が出来ました。