長引く野菜高騰の中、食材の買い出しに思う事

 相次ぐ台風や火山の噴火等の天災の影響で日本の野菜はいつになっても値下がりませんね。
家計を預かる主婦としては本当に辛い限りです。
こんな非常自体になるとは全く思ってもなかったので、この夏に限って家庭菜園をお休みしていました。
春にジャガイモを収穫したばかりの土を耕して残った根っこを取り除き、空気を入れてふわっとさせ肥料も足して少し休ませていたので庭の畑にはネギ位しかありません。
大切な土を労っていたのです。
例年の我が家だとこの時期はまだ少しだけ、なすやトマトやピーマンが収穫出来ていたと思います。
 
 それは今更なので仕方なく野菜少な目の食卓です。それにしても葉物野菜のお値段は半端ないですね。
先日のお買い物で2分の1で267円の40%引きの白菜がありました。しばらく悩みましたがかごの中へ入れました。
すると、年配の女性がこちらを見て何やらもの言いたげに近寄って来ました。
この方この白菜を狙っていたのか?と勘ぐってしまいましたが、彼女は店頭に2分の1の白菜で奇麗なのが158円で売ってあるよと教えに来てくれたのでした。

 彼女の行為に勘違いしゲスの勘繰りをしてしまった私。自分が恥ずかしかったです。
物が高騰したり手に入りにくくなったりすると、いやらしい考えが先行しがちになるんだなぁと思い知り深く反省致しました。 ミュゼ うなじ 脱毛