運用は愚行か、はたまはライフ探究か

就職してもうすぐから、財テクを続けている。
理解もなにもなかったのに、それほど情緒になったものだと今では思います。
しかし、不思議と財テクが酷い小物、というインスピレーションは極めてありませんでした。
初めて購入したのは財テク属託で、成果は若干のへそくり割れ。
あれから数十年の歳月が巡り、その間、性懲りも無く各種財テク商品に投資してきました。順風に恵まれた時機もあれば、トータルがストップという逆風に晒された時機もありました。結局、差引はどうなのかわかりません(感想は、、、分かりたくない)ストックにしておいたほうがよかったのかもしれません。ですが、そんな愚かさのなかで、自分なりに悟ったことがあります。それは、「財テクは生涯と通じる」という仕打ち。輝きを放つ時機もあれば、絶望に沈む時機もある。しかし、財テクの環境に「吹き止まぬ猛攻は無い」という教訓があるように、これからさらに艶を奪い返すことはないかに映る状勢にあっても、新規階級に向けた段取りが静かに、しかし着々と進んでいるという仕打ち。流動的な世界のなかで、自分の修繕力を信じたい。脱毛ラボ 料金